Topics

2007年03月10日

退職カンショウ

前回は地方支局に行くことが決定したと書いた矢先にごめんなさい。入社1年目で会社をクビになりました。

理由は仕事に対する責任のなさと成長をしていないこと。そして先輩記者の足を引っ張り自立した仕事を地方支局にいってもできないと言われた。

もちろんずっと続けたいと話したし、一年間口に出して辞めたいとは言わなかった。
休日に社長から呼ばれて辞めるか辞めないかを聞かれレポートを書かされもした。

冬から、個室に何度も呼び出され上司二人から辞表を書くようになんども迫られた。同期入社で辞めさせられた新人を引き合いにだして会社にいれば害になるし自分にも良いことないいわれ続けた。
先週は二重に確認しただけでキレられ、顔におもいっきりペンを投げられさすがにきれた。
上司の言われるまま退職願いを出すことになってしまった。一年間ずっと言われ続けてて精神的にも耐えられなかった。
先輩とは違い、記者として担当がないので美容院に雑誌の飛びこみをやり、新規開拓で電話をかけてアポをとり新聞の販売もやった。

同じ失敗をもう次は繰り返したくない。自分にあった職場を探したい。


タイトルは上司が僕に行った言葉。退職勧告ではないが退職カンショウだと。聞いたことのない用語なのでカタカナで書いた。

また一からやり直しだよ。転職がんばろ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。