Topics

2007年06月18日

営業と名の付くものは何でもやった

朝起きると、机の上にきれいな字で清書してある履歴書が置いてあった。ボクのきれいとは言えない鉛筆の下書きを消して、父親が書いてくれたらしい。
学歴欄のところには『ここを、そろえる』と線をひいて文字をそろえるようにとアドバイスまで書いてあった。


ニュース番組で消えた年金問題の街頭インタビューで
「私は営業と名の付くものは何でもやってきた。20社転職した。ガハハッ!!」
と答えるおじさんがいた(転職時の年金データの未統合も問題になっている)。

年金はさておき、父親もいわゆるそんな部類に入る人間です。
高校卒業して上京して、1〜2年で会社が倒産してそれ以降何社も職をかえ
月賦屋、塗装機(ペンキを船や列車に吹き付ける機械)、自動車の整備工、
レストランの厨房、土木の現場監督&経理、バネ屋、農薬、医療器具、・・・あとは知らん。

そんな父親の転職回数をボクは目指そうと思ってはいないけれど、
父親は経験したどの仕事も「毎日が楽しくてしょうがなかった!」という感じで話す。
そんな人間にボクもなりたいなと思った。

なので今日は、父親のを手本にひたすら履歴書を書きまくっています。
何通も書いて何社でも面接して場数を踏もう。

今週も面接だっ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45209105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。