Topics

2007年08月14日

SかMかを決めるやつは…

やたらとSかMかを決めたがる人は、
自民党か民主党かと政権選択を迫る
今の時代のスタンスに似ていると思う。

それにしても何で、決めなきゃならんのやろか。
やたらと飲み会で多い。

仮説1―コミュニケーションの効率化説
飲み会というごく短時間の付き合いでは、
SかMかのように、それにふさわしい立ち回り、
会話をしてもらうことで煩雑なコミュニケーションを省略するため。
二項対立にしたほうがその人の性格、
趣味なんかをいちいち知らなくても会話できちゃうから。


仮説2
エッチい話に持っていきたい説
これはSMプレイの語源から来るやつで、相手の性癖を探りたいため。ようはスケベの介。



ところで、今月号の広告批評の冒頭コラムに
現代の官僚主義に対する独自な考察が書いてあってつい読んでしまった。

現代は明治維新以降続いたエリートな官僚が国を引っ張ってきたレジームの転換点だという話。

平安時代=貴族内では、出世のための人事抗争ばかりであまり、政治しない。
地方分権の発想ない。

江戸時代=江戸を開拓した現場主義者の長たる武士を中心とした家臣団による政治。
家臣団の行政機構は職務内容も世襲性で永続的に機能。
とかなんとか書いてあったと思う。

テレビをつけて国会議員の質疑応答を見ていると、
お互い質問されたことに全然関係ない答えているから、
作家という仕事をしていてそんな会話を見るに耐えられないという視点が正論に感じる。

このコラムに影響を受けて、身近な不思議のSM政治力学を考えてみたくなったわけです。


ふぅー、お好み焼きが食べたい。
この記事へのコメント
最もソフトで訴訟起こされない程度にエッチぃ話だから。要は大半の人々が下ネタいいたいんでしょう。
Posted by イボンヌ at 2007年08月14日 17:09
訴訟ってところがポイントそうですね。

いろんな説が出てきそうなので、いろんな説をこっそり募集。。
Posted by gai at 2007年08月14日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。