Topics

2008年05月12日

スマートなとんがり靴

昨日親に、「今まで黙ってたけど、あんたの靴、もうカカトが斜めに磨り減って、靴の裏は穴が空いてもうぼろぼろだよ」といわれ、会社帰りに靴を買いに行くことにした。
薄々気付いていたけれど、人に言われないとこういうのは買いにいけないもので。

それにしても、転職した去年の9月に買ったんだけど、もうぼろぼろだなんて。

ちゃちゃちゃっと店員さんの判断を仰ぎながら選ぶこと約1時間。
店員さんがアメリカのシンプソンズにでてくるキャラに顔が似てた。

手っ取り早くスマートなカッコいいビジネスマンになれそうな14000円のとんがり靴と、軽いHAWKINSの靴(雨の日&外回り用)のを2足目半額の5900円で買う。

店の商売戦法にうまいこと乗っかった感はあるが、ある程度のクオリティーの靴の頭数が欲しいのは事実。

そのまま駅前の書店に行き、サービス業のコツ&マナー本と、講談社新書から新しく出た情報整理系の本を買いざっと2000円。

夏のスーツが2着しかないから、青山やらスーツカンパニーやら、サカゼンやらで適当なスーツを買わねば。

少し身なりに金をつかわなすぎた。
posted by gaidance at 21:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | money×money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。